<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

サラチ

建物を解体して地面をならした状態を「サラチ」と呼びます。
辞書で引くと「更地」とも「新地」ともでてきます。

でも更地とは、手入れをしていない土地をいうそうです。
建築で言う「サラチ」とは、建物が無い状態の宅地のことです。

なので新たなスタートの土地、「新地」です。

「奏の家」も建物が解体され、新地の状態になりました。
解体も昔と比べ、分別や手続きなどで時間と費用が大変かかります。
特にアスベストの混入材などは、ホコリがたたないよう、一枚一枚、人の手ではがすので手間がかかります。
今回も約3週間ほどかかりました。

解体して新地になると、敷地の日当たりがよくわかります。

さてどんな家が建つか。。

c0102477_10413444.jpg

[PR]
by kokorosolat | 2006-09-22 10:25